Page 2 of 5

アサリは貧血予防に効く!生産量が圧倒的なのは愛知県

アサリは和風でも洋風でもアレンジして美味しく食べることができる食材ですが、日本では主に愛知県で漁獲されています。
愛知県の漁獲量は年間約16000トンにも上り、全国ナンバーワンのシェアを誇ります。
愛知県内では様々な地域でアサリの漁獲が行われていますが、最も漁獲量が多いのが西三河地区です。
アサリの漁獲方法は大きくわけて二つあります。小型船を使う底引き網漁業と沢山の爪が付いた漁具でアサリを掘る採貝漁業です。
もちろん小型船を使った底引き網漁業の方が一度に大量のアサリを漁獲できるのですが漁船を動かす経費がかかります。
アサリは1年で20㎜、2年で35㎜、3年で40㎜ほどに成長します。毎年安定した漁獲量を保つためにはアサリの稚貝を移植したり、小さめのアサリは採らないことなどが大切です。
愛知県にはたくさんの潮干狩り場があるのですが、近年他の魚などによる食害や冬場の生育不良などによりアサリの漁獲量が減っています。
そのため潮干狩りを中止する潮干狩り場も増えています。
気になるアサリの栄養素ですが、アサリには鉄分が多く含まれます。鉄分は赤血球に必要なヘモグロビンを作り出します。女性はとくに月経や妊娠中に貧血になりやすいので、鉄分を多く摂取することをおすすめします。
アサリのうまみのもととなっているのはタウリンと呼ばれるアミノ酸の一種です。タウリンは栄養ドリンクにも含まれるほどで、コレステロール値を下げたり、解毒作用があります。
コレステロール値が下がると血液がさらさらになり、血栓ができにくくなって動脈硬化を予防できます。
またタウリンの解毒効果により肝がんをはじめ肝臓の病気などを防いでくれます。アルコールの分解を促す作用もあるので二日酔いにも効果があります。
二日酔いの朝にはアサリのお味噌汁が良いといわれるのはそのためですね。
髪や爪、肌の健康を保つ亜鉛、むくみを解消してくれるカリウム、骨や歯を強化するカルシウムなどのミネラルも多く含まれます。
アンチエイジングのビタミンと呼ばれるビタミンEも含まれているため、細胞や血液を若々しく保ってくれます。
ただし、アサリの食べ過ぎは鉄分の摂り過ぎになるため注意しなければなりません。アサリの食べ過ぎによって鉄分を過剰摂取すると鉄分が体のあちこちで酸化し、肌や内臓などにダメージを与えます。
常識の範囲でアサリを食べている分には問題ありませんが、鉄分のサプリなどの過剰摂取には気を付けましょう。
アサリは一日200g程度まで食べても問題ありませんが、一度に食べられるアサリの量はだいたい15個程度ですよね。無理して沢山食べる必要はありません。
ただし、アサリの栄養分は汁として溶け出すので味噌汁やスープなど汁ごと飲めるものをおすすめします。
アサリを使ったレシピは酒蒸し、炊き込みご飯、スープ、味噌汁、パスタなど和風、洋風など種類豊富です。値段もお手頃で飽きずに食べることができるので、二日に一度はアサリをぜひ食卓に。

沖縄の食べ物は全てがヘルシー!沖縄料理で長生きしよう

沖縄県といえば世界的に見ても長寿の方が多い場所として知られていますが、長寿の理由とは健康的な食生活にほかなりません。
沖縄県はその昔から本土とは違った食文化が発達し、自然で体に良いものを食してきました。
沖縄県では豚肉料理が多いのですが、豚肉には疲労回復や夏バテに効果のあるビタミンB1やコレステロール値を下げ生活習慣病を防いでくれる不飽和脂肪酸などが含まれています。
沖縄では早くからアジアの食文化の影響を受け、医食同源という考え方が根付いていたのだと言われています。調理法は中華料理に比較的似ていますね。
沖縄の伝統料理の特徴は豆腐、ヤギ、海藻、ウリなどを多く食すということでしょうか。本州ではほとんど目にしない食材なども含まれています。
今回は沖縄料理の中でもとくに知名度が高いゴーヤと海ブドウの健康効果について調べてみました。ゴーヤに関しては最近は本州でも普通に手に入れることができるようになり、食卓に上る頻度も増えました。
私は炒め物にしたり、サラダにしたり、夏場は週に1,2回はゴーヤを食べています。ゴーヤのあの苦さが癖になります。
ゴーヤはウリ科の植物です。高温多湿の熱帯気候のもとで育ちます。2月~3月に種をまき、5月~8月が収穫です。
ゴーヤには一般的な野菜の5倍ものビタミンCが含まれていて、体力の回復や夏バテに効果があります。
ゴーヤのビタミンCはワタの部分に多く含まれますので、ゴーヤ茶などにしてワタの部分の栄養素を摂取しましょう。ただし、このワタの部分とても苦いです。
この苦みの成分はモモルデシン、チャランチンと呼ばれ血糖値を下げる役割を果たします。種子の部分には良質の脂肪と呼ばれるリノール酸が含まれ、脂肪燃焼の効果があります。
ゴーヤに含まれるカリウムには体を冷やす効果があるので、熱い沖縄で暮らす人には向いています。その他にもビタミンB群や葉酸、カルシウム、食物繊維なども含まれています。
ゴーヤはゴーヤチャンプルーなど炒め物にすることが多いですが、スライスしたものを干して煮出せばゴーヤ茶を作ることができます。お茶にするとワタや種などの成分を摂取することができるのでおすすめです。
沖縄料理でも一つ人気なのが海ブドウです。海ブドウはイワズタ科の海藻でぷちぷちした食感が特徴です。
海ブドウは太陽の光が海中まで届く透明度の高い海でしか育つことができないため沖縄以外の地域ではあまり栽培されていません。
しかし、わざわざ沖縄にいかなくてもオンラインショップなどで購入できます。
海ブドウは実は他の海藻に比べると若干ミネラルやビタミンの量が少ないのですが、カルシウム、マグネシウム、鉄分、ヨウ素、ビタミンKなどが含まれています。
夏バテ回復や貧血予防、食欲アップなどの効能があります。一般的には三杯酢などをかけてそのままいただきます。
海ブドウは低温に弱いので冷蔵庫に入れず常温で保存し、早めに食べることをおすすめします。

抗酸化作用と美肌作用!女性におすすめのオリーブは香川産!

オリーブオイルの香りや風味が嫌いな人は少ないと思いますが、実は日本国内でもとても美味しいオリーブが作られていることを最近知りました。
オリーブオイルはヨーロッパ産のものを普段購入している方が多いですが、香川県は県を上げてオリーブの生産に力を注いでいます。
香川県というとどうしてもうどんのイメージが強いのですが、小豆島を中心にオリーブも生産しています。
もともとはイワシなどの缶詰を作るために明治時代に小豆島でオリーブオイルの生産が始まりましたが、現在では香川全土で作られています。
オリーブの木は香川の県木にも指定されています。
オリーブはそもそも中近東や地中海で昔から生産されていたので、ヨーロッパのものに比べるとどうなの?と思ってしまいますが、香川のオリーブオイルは世界中のオリーブオイルを集めた品評会でも高い評価を得ています。
オリーブオイルはオリーブの実を絞ってオイルを抽出するのでオリーブの品質がそのまま商品に反映されます。
香川のオリーブオイルは品質が優れているだけではなく、安全という意味でもおすすめです。
オリーブオイルが体にいいことは多くの人がご存知だと思いますが、その理由はなんといってもオリーブに含まれるオレイン酸です。
オリーブオイルは脂肪分を多く含みますが、オリーブに含まれる脂肪分オレイン酸は体に良くむしろ積極的に摂取したい脂肪です。
オレイン酸には整腸作用があり、悪玉コレステロールを排除してくれるため動脈硬化などの予防になります。またオレイン酸は胃腸の働きを活発にし、便秘を解消してくれます。
便秘が解消されることにより、ダイエット効果、美肌効果を期待できます。緑色が濃いオリーブオイルにはクロロフィルが含まれ、ニキビを撃退してくれます。
またアンチエンジングビタミンと呼ばれるビタミンEも含まれます。ビタミンEには抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぎます。
同様に抗酸化作用の強いポリフェノールもオリーブには含まれています。とくに黒いオリーブ(ブラックオリーブ)にはポリフェノールが多く含まれます。
ポリフェノールは活性酸素を除去する働きや血流を良くする働きがあります。ミネラルも多く含まれ、骨や歯などを強化するカルシウム、貧血を予防する鉄分なども含まれています。
オリーブオイルの理想的な一日の摂取量はスプーン1,2杯と言われています。料理に使う場合にはあまり量を気にしなくていいでしょう。
私はフランスパンにオリーブオイルを塗って食べるのが大好きです。ワインやチーズ、生ハムなどをそろればとても贅沢な食卓になります。
オリーブオイルを使ったレシピはたくさんあります。健康志向の友人は全ての料理にオリーブオイルを使うほどです。
パスタやカルパッチョ、ピザ、炒め物などどんなものにも合うオリーブオイル。サラダにまわしかけるだけでも一気におしゃれになります。家族全員オリーブオイル生活でヘルシーになりましょう。

高知のショウガは体を温め免疫力をアップしてくれる!

毎日何気なく料理などに使っているショウガ、実は高知県が日本一の産地ということをご存知ですか。
高知県の気候や風土がショウガの栽培に適しているようです。
ショウガの収穫は10月下旬から11月下旬が一般的ですが、貯蔵することによって1年を通して食べることができます。
ショウガには貯蔵しておいて1年を通して出荷されるものと夏ごろに収穫したてを出荷する新ショウガがあります。
新ショウガは漬物にしたり、お寿司に添えるガリなどに利用されることが多いです。
ショウガはそもそもアジアで発祥し、その後アフリカやヨーロッパなどに伝わったと言われています。
今でも西アジアなどではスパイスの一つとしてとても重宝されています。
ショウガは漢方薬などの薬としても用いられるほど体に良い食材です。私は真冬に風邪をひいたかなと思うときは紅茶にはちみつとすったショウガを入れて飲んでいます。
ショウガを摂取するとそのとき体が温まるだけではなく、その温かさが持続するのです。
ショウガを食べると血液の循環が良くなり、体が温まります。発汗作用もあり、体に溜まった老廃物なども排出してくれます。
飲むだけではなく、貼ったり、塗ったりすることでも効果を感じることができます。
冬場寒さをしのぐためや、冷え性による体の痛みには湿布として貼るのもおすすめです。
先程、ショウガは漢方薬として重宝されているという話をしましたが、ショウガには抗酸化作用の強いジンゲロール、ショーガオール、ジンゲロンなどの成分が含まれています。
抗酸化作用とは細胞や血液などが酸化することを防いでくれる働きです。
ショウガには抗炎症作用、鎮痛作用などもあります。肩こり、頭痛、筋肉痛、生理痛など様々な痛みを和らげてくれます。乗り物酔いやつわりなどにも効果がああると言われています。
風邪のひきはじめや喉の痛み、咳などにもショウガは効果があります。はちみつとショウガを混ぜたものを常備しておいて、症状がひどいときは水やお湯で溶いて飲むといいでしょう。
ショウガ風呂も体が芯から温まって冷え性がつらい冬にはおすすめです。体を温めると免疫力がアップするだけではなく、代謝もアップし脂肪燃焼効果も高まります。
ショウガダイエットまであるほどですから効果が期待できますね。
ショウガには解毒作用もあり、私たちの身の回りにある体に悪いと言われている化学物質にも効果があります。排気ガスや工場汚染などが気になる地域にお住いの方は毎日食べたいですね。
気になる一日の摂取量ですがすりおろしたショウガで大さじ1杯約10ℊが適量と言われています。料理に使う場合には多めでも気にしなくていいようです。
ただし、胃腸の弱い人の場合摂取量が多いとお腹を壊すこともあります。また発汗作用があるため乾燥肌の人、肌が弱い人も要注意です。
ショウガを使ったレシピなどもたくさん紹介されていますので、一日一回はショウガを使った食事やドリンクを摂るようにしましょう。