Page 3 of 5

体の毒素を排出してくれる!和歌山県の梅で梅干しを作ろう

和歌山県というとみかんが有名ですが、実は梅の産地でもあるのです。
和歌山は黒潮の影響で一年中温暖な気候で、年間7トン以上の梅を生産しています。これは全国シェアの6割にも及びます。
梅というと梅ジュースや梅ジャムなどのもありますが、なんといっても梅干し。
とくに大粒で柔らかく種が小さい紀州の南高梅は全国的にも有名ですよね。私は甘めの南高梅が大好きです。
梅干しは収穫した梅を丁寧に水洗いし、塩で付け込み、天日干しして出来上がります。
和歌山の梅干し農家の多くはエコファーミングを目指し、品質の良い梅干しづくりに取り組んでいるそうです。
梅干しには本当に書ききれないほどの効能があるのですが、良く知れらたものですと食欲増進作用です。
梅干しはご存知の通り酸っぱいので唾液や胃酸が多く分泌され、胃が活発になります。
梅干しには筋肉疲労によって乳酸が作られ体が酸性に傾いた時にアルカリ性にしてくれる疲労回復作用があります。
疲れたときには酸っぱいものを食べるといいと言われているのもこのためです。
もちろんパンやご飯など酸性の食品を多く摂取した場合にも梅干しを食べることで体をアルカリ性に保つことができます。
梅干しにはポリフェノールも含まれています。ポリフェノールというと赤ワインが有名ですがポリフェノールには血液や細胞の老化や酸化を防ぐ抗酸化作用があります。
このため梅干しを食べることで血管の老化を防ぎ、血液がさらさらになります。動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの重篤の症状の予防にもなります。
梅干しのもう一つの主要な成分と言えばカルシウムです。カルシウムは骨を強くし骨粗しょう症の予防になるだけではなく、イライラを解消して精神的な安定をもたらします。
梅干しは肝機能の働きを高めるため、二日酔いには梅干しが有効だと言われています。毒素を排出するだけではなく、抗菌作用もありO-157やサルモネラ菌などの食中毒の原因となる細菌の感染予防となるのです。
他にも梅干しには様々な成分が含まれますが、あまりなじみのないものとしてはパロチンやα-グルコシターゼなどがあります。
パロチンとは唾液の中に含まれる成分ですが、美容効果の高い「若返りの成分」と言われています。パロチンが多く分泌されることで細胞の新陳代謝が促され、髪や肌、爪や歯などを美しく保つことができます。
α-グルコシターゼは酵素の一種で糖分の吸収を抑制する働きがあるため血圧を上昇させません。そのため高血圧による動脈硬化などを防いでくれます。
梅干しの健康効果、美容効果がすごすぎて、時々しか食べない自分を思わず責めてしまいました。
確かに梅干しは塩分が強いというイメージがありますが、最近では減塩のものも販売されていますし、一日一粒程度なら問題ないと思います。
梅干し以外でも梅ジュースや梅ジャム、梅酒なども同様に梅の効果を感じることができます。ただし、調味料や添加物が気になる方は原材料などをチェックして商品を選んでください。

ブリに含まれるDHAが体にいい!石川県はスルメイカも有名

石川県といえば暖流と寒流が交わる海域を持ち、種類豊富な魚介類が捕れることでも有名です。
能登半島にぶつかって渦流が発生することから回遊魚が集まりやすく、良好な漁場を確保することができます。
またそのような好条件な漁場が多かったため、昔から様々な漁法が発達し、さらに多くの魚を漁獲することが可能となったわけです。
春はさよりやカレイ、スルメイカ、夏はアジやスズキ、秋はのどぐろ、冬はカニやぶりが捕れます。一年を通して沢山の種類の魚を楽しむことができます。
石川県にはたくさんの魚市場があり、新鮮な魚介類を仲介業者を通さずに直接販売しているところが多くあります。
一般の人向けにはオンラインショップなどで鮮魚セットなど取れたての魚介類をスピーディに消費者へ届けています。
肉より魚の方が健康に良いということはよく知られていますが、魚に含まれる不飽和脂肪酸、DHAやEPAのおかげです。
DHAとはドコサヘキサエン酸のことで実に沢山の健康効果があります。主な効能としてはコレステロールの低下、中性脂肪の低下、動脈硬化の予防、記憶力や集中力の向上、脳や神経の発達、認知症の予防やストレス解消などが挙げられます。
子供にDHAを摂らせると頭が良くなると言われるのはこのためです。コレステロールを下げたり、中性脂肪を取り除く効果があるので中高年の方にとっても有益ですね。
EPAとはエイコサペンタエン酸のことで体内では作ることのできない必須脂肪酸です。こちらも血液をサラサラにする、中性脂肪血を下げるなどの働きがあります。
石川県で摂れるたくさんの魚介類の中でも出世魚と言われるブリについてご紹介しますね。
ブリはタンパク質が豊富なだけではなく、糖質や脂質の代謝を助けてくれるビタミンDが豊富です。ビタミンDはカルシウムの吸収率をアップさせます。
ブリには魚介類に多く含まれる成分タウリンも含まれています。タウリンには肝機能を高めたり、コレステロールや血圧を下げる働きがあります。
石川県では春や夏にスルメイカや赤イカなどを漁獲します。イカにもDHAやタウリンが豊富に含まれます。
イカスミには免疫力をアップさせるペプチドグリカンが含まれています。ペプチドグリカンはがん細胞の増加を抑えてくれます。
またイカを噛むことで唾液の分泌を促し胃の状態を整えたり、満腹中枢を刺激してダイエット効果もあります。おまけにフィッシュコラーゲンでお肌もぷるぷるです。
今回はブリとイカについてご紹介しましたが、石川県で捕れる魚は他にもたくさんあります。秋には高級魚として知られるのどぐろも漁獲できます。
のどぐろはお刺身で食べられるほか、煮つけにしても美味しいです。石川県に旅行したらぜひ新鮮な地元の魚介類を堪能してください。
どうしても普段の食卓はお肉が中心になってしまいますが、魚介類に含まれるDHAやEPAなどの良質な脂肪の効能を忘れないようにしましょうね。

キャベツにはバストアップ効果もある!神奈川のキャベツが美味い!

食卓に登場する割合が高い野菜といえばキャベツ。アレンジ方法もいろいろあって、お値段もお手頃なので主婦の見方ですよね。
毎日何気なく食べているキャベツは実はとても健康に良いのです。キャベツの産地は季節に応じて日本全国に広がっているのですが今回は春キャベツが有名な神奈川県に注目してみました。
キャベツには身が緩くて柔らかい春キャベツと身が引き締まっていて重量感のある秋冬キャベツ、寒玉があります。
最近は柔らくて甘みの強い春キャベツの人気が高まっています。
もともとキャベツはヨーロッパの地中海沿岸で数千年前に始まったと言われています。日本へ伝わったのは江戸末期ですが、実際に栽培が始まったのは昭和25年ごろです。
昭和40年ごろには春キャベツの栽培もスタートして、すっかり日本全国に定着しました。
神奈川県三浦市の年県平均気温は15.5度でキャベツを育てるのに最適です。三浦市の農家ではキャベツの他に大根やスイカなども生産する輪作を行っていて高い生産性を誇っています。
キャベツは虫が付きやすく農薬が気になるので、昔は外側の葉は捨てていたのですが最近では農薬を最低限に抑えた栽培が進められています。
例えば害虫が産卵できないようなフェロモンを巻いたり、ビニールをかぶせて高温にすることで高温を嫌う害虫を排除するなど農薬を使わずに害虫を除去する方法が導入されています。
とくにキャベツの場合は加熱せずに生で食べることも多いので、農薬の少ない安全なキャベツというのは嬉しいですよね。
キャベツには多くのビタミンCが含まれています。ビタミンCは肌の細胞を修復するなど美容に欠かせないビタミンです。
キャベツは部位によってビタミンCの含有量が異なり、最も多いのが外側の緑の葉で次が中心の芯の部分となります。
キャベツのビタミンCは熱に弱く、また長時間水につけると溶け出してしまいます。できれば生のままさっと水で洗って食べるのがおすすめです。
そしてもう一つ忘れてはいけないのがビタミンU。ビタミンUというのはあまり聞きなれない成分ですが、これは胃や十二指腸などを健康にしてくれるビタミンです。
キャベジンとも呼ばれていて同名の胃腸薬が記憶に新しいと思います。
キャベツには食物繊維が多く便秘を解消してダイエット効果もあります。キャベツ自体が100gわずか23カロリーなので痩せたい人は食事の前にキャベツを食べて食欲をコントロールするといいですね。
その他にも傷の治りを早くするビタミンK、発がん物質を防いでくれるイソチオシアネート、目や粘膜の健康を保つビタミンA、血圧を下げるカリウム、妊娠初期に欠かせない葉酸などが含まれています。
そしてキャベツに含まれるボロン、別名ホウ素にはバストアップ効果まであるのです。ボロンはミネラルの一種ですが、女性ホルモンの分泌を促す作用があります。
女性ホルモンの分泌により乳腺が刺激されバストアップが実現されるのです。
以上のように沢山の健康効果、美容効果が期待できるキャベツ。サラダ、煮込み料理、炒めもの、漬物などその日の気分によってレシピを考えてみてください。

不飽和脂肪酸は成人病を予防!千葉のピーナツがおすすめ

ナッツ類は基本的に体に良いというイメージがありますが、今回は中でもとくに身近なピーナツについて調べてみました。
ピーナツのシェアは千葉県が全国でトップ、70%以上が千葉県で生産されています。
千葉県には落花生の栽培をしている農家やピーナツを使った加工品を製造する会社が多くあります。
ちなみに落花生とは殻が付いた状態、ピーナツとは中のつるつるした身の部分を指します。
国内では中国産の落花生も流通していますが、中国産の落花生には毒性の強いカビの一種「アフラトキシン」が含まれているケースがあるので注意しなければなりません。
アフラトキシンは熱にも強く、炒ったり揚げたりしても排除することはできません。
若いころピーナツを食べるとニキビができるとか鼻血が出るとかいわれましたが本当なのでしょうか。ピーナツはカロリーが高くて太りそうというイメージもあります。
確かにピーナツは脂肪分が多いのですが、ピーナツの脂肪は不飽和脂肪酸と呼ばれる良質の脂肪です。
不飽和脂肪酸には中性脂肪を減らしてくれたり、悪玉コレステロールを撃退してくれる作用があり、動脈硬化を予防してくれます。
またピーナツを食べた後、血糖値は緩やかに上昇しますので太りにくい特徴があります。ピーナツのGI値はこんにゃくや海藻類など健康食品に代表される食材とほとんど変わりありません。
ナッツ類は美容にいいので間食にはお菓子ではなくてナッツを食べると良いというのを聞いたことがあるのですが、ここで登場するのがレシチンとレスベラトロールです。
ちょっと聞いたことがない言葉ですが、一体どのような成分なのでしょうか。
まずピーナツに含まれるレシチンですが、脳の細胞を活性化すると言われています。記憶力や集中力がアップしますので仕事中、勉強中の間食にはおすすめです。
レシチンが不足すると細胞に悪い影響を及ぼします。細胞が不具合を起こすと、体のあちこちに支障が出ますのでレシチンは大事なのです。
レスベラトロールはポリフェノールの一種でピーナツの渋皮に含まれています。レスベラトロールには様々な働きがあるのですが、血行を良くして冷え性を解消してくれることをはじめ、抗ガン作用があることも最近の研究でわかってきました。
レスベラトロールには老化が進むの防ぐ作用もあるので、アンチエイジング効果が絶大です。そもそもナッツ類にはアンチエイジングビタミンと呼ばれるビタミンEも豊富に含まれているのでいつまでも美しくいたいという女性には欠かせません。
ピーナツはそのまま食べるのがベストですが、ちょっと飽きたなというときにはピーナツペーストがおすすめです。市販のものでもいいのですが、砂糖などの量が気になる人は自家製ピーナツペーストを作りましょう。
作り方は簡単です。ピーナツ、砂糖またははちみつ、塩少々をフードプロセッサーにかけお好みの粗さに撹拌します。パンなどに塗って美味しくいただくことができます。
お砂糖を入れずにペースト状にすればアジア料理のソースとしても活用できます。